断・捨・離・中

Pocket

愛知県を中心に活動してます手相家アキラです。

当方、多趣味です。
多趣味ですと、モノが溢れます。 当方収集癖もあります。 
同じものでも色違いをそろえたり、 カメラのレンズなんかは同じマウントのレンズ20種類以上ある物をコンプリートした事もあります。 コレクションで集めたのでたまに見るだけでハッキリ言って撮影では使いません。

入院期間中色々考える時間があった中に 「断捨離」 がありました。
入院中持っていった物は最低限の必要な物と数冊の本のみでした。 テレビも見ませんでした。 退院後自宅を見て感じたことは 「モノが溢れている」 でした。
「家の中に物が多いと運気や気力を吸い取られる」 「貧乏人の家は物で溢れている」 「金持ちの家は物が少ない」 なんて言葉も有るようです。
実際、以前仕事で色々な方の自宅に訪問して 商談をする機会が多くありましたが、 上記の言葉は当てはまると感じています。
今、収集癖で集めていたカメラ関係や、オーディオ関係、 スノーボードや車用品を整理中です。 幸いな事に、「捨てる」ではなく 「売る」事ができるので、 需要の有る物が多いらしく、結構良い金額になります。 不用品を処分していると、お金の使い方を考えさせられる事があります。

ちなみに私がイベントで使用している ゴールドの織物やカラフルな敷物を使用していますが 「ガラクタ捨てれば自分が見える」の著者 カレン キングストン氏の縁の有る物でもあります。

この織物を見つけた時に「これは絶対に手に入れる!」 と感じて入手しましたが、実はその時「カレン キングストン」の名前を知りませんでした。

物を見ただけで魅力を感じましたが、 イベントでも分かる人には分かって頂けるようです。
イベントでも「良い気」を発してくれているように感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ 趣味 / 2018年06月05日