トライアスロンの練習

Pocket

愛知県を中心に活動してます手相家アキラです。

6月に愛知県で開催されるトライアスロン 「アイアンマン70.3セントレア・ジャパン」に今年も出場することになりました。 トライアスロンはスイム1.9km、バイク90.1km、ラン21.1kmの3種目で行われます。

私はチームリレーの参加でスイムの1.9mkの担当です。

今年で4回目の出場で、正直昨年で最後のつもりでしたが、 大人の事情で今年も参加する事になりました。

出場する事になったからには出来る限り体力を作り上げる必要がありますが、 中々思うように練習に時間が取れない現実があり、昨年より仕上がりのペースが遅れています。

大会の会場は波の穏やかな湾内で行われます。 昨年は大潮でリタイアされる方も例年より多く私も1.9kmで34分かかりました。

今年はこのままの練習ペースだと40分以内が目標かな?と弱気です。 本日練習用のウエットスーツがアメリカから到着したので 来月は海での練習を開始します。

今年は手相の活動を1番優先にしていますが、トライアスロン終了までは、 手相活動のペースがちょっと落ちるかもしれません。 次回の手相イベント参加予定もまだ調整中です。

(2年くらい前の開始前の様子)

トライアスロンは敷居が高いスポーツに感じますが、 タイムを気にしなければ、練習量次第でだれでも参加できるスポーツです。

仕事を定年退職した後に始める方も居ます。 70歳を過ぎてスイム1.9km、バイク90.1km、ラン21.1kmの3種目を一人で完走する方もいます。

私が初めて参加した年は、体力にも水泳のスキルにも自信がありましたが 練習不足と体に合っていないレンタルのウエットスーツでなめて参加して 1.9km(制限時間70分)を58分も掛かってしまいました。 水泳には今まで自信がありましたが、 体に合っていないウエットスーツで呼吸がまともにできなく、 中盤で後方集団に抜かれて取り残されてしまったときには心が折れて 途中で何度もリタイアを考えました。

何とかゴールでできましたが 自分より後ろには、ほとんど人が居なくてほぼ最下位でした。 自分の中では水泳では経験したことないほどの屈辱でした。 日々の練習は大切だと痛感しました。

そもそも水泳が得意になったのも中学生時代の膨大な練習量のおかげです。 手相も日々少しずつでも勉強しないと忘れてしまう事もあります。

ちなみに私は大きく広がりのある生命線です。 体力ある生命線とされています。 まだ、確証はありませんが、このタイプの生命線は親から遺伝する傾向があるように感じています。

今24時近くですがこれからランニングしてきます。 何事も日々の積み重ねですね。 少しさぼるとすぐに戻ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トライアスロン ブログ / 2018年04月23日