現実的お守り札 「あおり運転対策ステッカー」

Pocket

愛知県を中心に活動してます手相家アキラです。

危険な「あおり運転」や交通トラブルが悲惨な事故により、以来メディアで大きく取り上げられていますが、普段運転されている方ならこの様な危険な行為は残念ながら事件前からいくらでも繰り返されている事をご存知と思います。
私は交通事故の相談を受けることも多かったので、事故の証拠の為に皆様にドライブレコーダー装着をお勧めしていて自身もフロントには全車に装着していましたが、今回の件もあり後ろにも装着しました。
いろいろな車種に乗ることがありますが、威圧的な高級車等は危険な「あおり」をされる傾向は少なく、コンパクト、ファミリーカー等は危険な「あおり」をされる傾向にあるように感じます。
高速道道路での「危険なあおり運転」に対する交通トラブル防止について
追い越し車線を必要時以外走行しない。
走行車線を交通の流れに乗って走行していればあおられる事はありません。

追い越し車線走行時は必要最短距離を十分に加速してすぐに走行車線に戻る。
注意点は追い越し車線のスピードの流れに乗る加速
走行車線に戻る車間とタイミングがあればすぐに戻る

高速道路の追い越し車線をずっと走り続けると

「通行帯違反」1点 反則金6,000円の道路交通法違反です

高速機動隊の覆面パトカーの餌食になります。

やむを得ない状況で狭い車間に入れてもらう時は必ずウインカーを出して入りハザードで後方車にお礼する
ウインカーを出さないのはただの「マナー違反」ではなく

「合図不履行違反」反則金6,000円の道路交通法違反です

車間に入れてもらう際に、その気はなくても後方のドライバーにしたら「無理やり入ってきた!」と
「怒りスイッチをON」にしてしまう可能性もありますが、この際にハザード2・3回のお礼で「怒りスイッチがOFF」になることもあります。

狭い車間で入る状況もあると思いますのでハザードを押す際は前方の車間に注意をして、「入れてくれてありがとう」の気持ちを込めて

高速道路でも1車線区間や走行車線が混んでいて戻れない場合があります
残念ながらこのような状況であおられた場合しばらく回避の使用がありません。
この様な状況で車間距離を詰めてあおってくるドライバーはすでにスイッチが入っていますので一般道の場合はハザードを出して路肩に寄せて、高速道路の場合は次の追い越し区間で道を譲るのが賢明です。

車間距離保持義務違反は2点 反則金9,000円の道路交通法違反です。

そこで私が導入したのはタイトルにもあります

現実的お守り札 「あおり運転対策ステッカー」です。

手相 占い 鑑定 イベント 現実的にアドバイス 手相 占い 出張鑑定 愛知県 名古屋市 小牧市 犬山市 春日井市 江南市 現実的 手相 カウンセリングアドバイザー 当たる

私はこのステッカーをマグネットシートに貼り、遠方の高速道路や1車線しかない長い田舎道を走る時のみリアに張り付けて使用しています。

貼り付ける時のポイントはなるべく後方車運転席から目に付くところです。

正直目立つので、遠出しないときは外しています。

「効果がない」と感じる場合は目立たないところや気が付きにくい所に装着している場合があるとおもいます。

私の場合効果は確実に感じます。

追い越し車線を走行中に後ろから物凄い勢いで後続車が来て通常なら煽られるであろう状況でも、まるで、磁石の同じ極が反発するように「グワッ」と接近されても離れて一定の距離をとるようになりました。
もちろん走行車線が空いたら戻りますし、追い越し車線を低速で走行するような挑発行為はしない事は前提です。
このステッカーを貼っていても煽ってくるような奴は精神異常者かスイッチが入ってしまっている人と思ってすぐに避けた方が良いと思います。
このステッカーだけでなく、ちゃんとリアにもドラレコを装着することをお勧めします。万一の場合は動かぬ証拠になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コラム ブログ / 2018年03月24日