現実的なお話 高道路の走り方

Pocket

2/22に みよし市にみよし市文化センターサンアートOnedayマルシェに行ってきました。

高速道路で向かいましたが相変わらずあおり運転をしているドライバーを見かけました。

煽り運転がメディアで多く取り上げられてから広く知られるようになりましたが
事件が起こる前から、高速道路の追い越し車線ではあおり運転はよく見かけていました。
実際に、あおられた方や、あおった経験のある方も居ると思います。

高速道路の走行では基本走行車線を走ることになっていますが、

追い越し車線走行時は必要最短距離を十分に加速してすぐに走行車線に戻る。

前方や走行車線が空いているのに高速道路の追い越し車線をずっと走り続けると

「通行帯違反」1点 反則金6,000円の道路交通法違反です

高速機動隊の覆面パトカーの餌食になります。

 手相占い 愛知県 名古屋市 小牧市 犬山市 春日井市 江南市 鑑定 口コミ 当たる 評判

そして高速道路のあおり運転のトラブルは、走行車線で発生します。

余計なトラブル防止と、法定速度を大幅に超えた速度であおられると気分が悪くなるので自分の為にもなります。

追い越し車線から走行車線に戻る際に、心理的に背の高いトラックの後ろは前方視界が悪いので
トラックを追い越してからトラックの前に入ることが多いと思いますが、

事故の事を考えると、トラックの前に入るのはあまりお勧めできません。

高速道路の被害の大きな追突事故は、「トラックに追突され~」の状況が多いように
トラックは普通車に比べて重いのでブレーキを踏んでも止まるまでの制動距離が長く止まれません
事故原因で多い「前を見ていなかった」場合のトラックで自動ブレーキはまだ普及していません。

タイミング的にもし可能なら現在新車販売している現行車種(自動ブレーキ搭載車)
を見つけてその前に入れてもらう方が追突される確率は圧倒的に低く、もし追突されても被害は軽減されます。

視界の良くない高速道路上で突然渋滞になった時に自分の後ろが大型トラックだととても心配になります。

走行車線はなるべく走らない。 トラックの前には入らない。私はこの2点を気を付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ / 2018年02月24日